スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちびっこロードスターライフ

わたしとNAの成長記録

NA6CEにNA8Cのブレースバーを!

こんにちは!

急に寒くなり始めて体調を崩し気味です。

みなさんはそのようなことがないように気をつけてください…

 

さて、今回はちょっと大掛かりなDIYの記録を残そうかと。

SNSにも掲載していますが、こちらではより詳しく書きますので良ければ参考にしてみてください(`・ω・´)

自分の備忘録のためと、なかなか検索してもヒットしなくて困った経験から、少しでも誰かの役に立てばという思いです。

どーしても無理だったらショップに任せましょう!笑

 

貰い物

今回取り付けたブレースバーは友人ハチくんが余ってたものをくれました。

何も知らずすんなりつくだろうと思っていたのですが、開けてびっくりNA6CEにはブレースバー取付の穴すら空いていないじゃないですか。

困ったな…と思っていたら、同じようにNA6CEにNA8Cのブレースバーを取り付けている方がいた!

ということでわたしもやってみました。

 

用意するもの

  • トルクスドライバー
  • ラチェットレンチ(10mm/16mm/ディープソケットの17mm)
  • エクステンション(750mm程度)
  • プラスドライバー
  • M10×70mmのボルト(半ネジ)2本
  • 平ワッシャー4枚
  • スプリングワッシャー2枚
  • 滑り止めナット2個
  • プラカッター、ニッパー

 

作業工程

1.内装を外す

f:id:greentea-NA:20161108111253p:image

オープンにして作業しましょう。

でなきゃ外せないところもあるので…

f:id:greentea-NA:20161108110216p:image

内装を外すためにボルトやらなんやら外します。

詳しくは画像を参照していただければ。

①〜⑥すべて外します。

ちなみに①はハードトップ装着用なので、ついていない方もいるみたい。

 f:id:greentea-NA:20161108111424p:image

ちなみにわたしは運転席側の⑥を割りました。

元々亀裂が入ってたところにトドメを刺してしまったようです。

丁寧にマイナスドライバーでこじりましょう。

 

2.シートベルト取り外し

f:id:greentea-NA:20161108115227p:image

内装プラが外れたら、シートベルトユニットを外します。

シートベルトアンカー部分の内装とくっついてるプラはツメ4本で引っかかっているので、折らないよう気をつけながら引っこ抜きましょう。

内装プラの内側に、プーリーユニットが現れます。

プーリーユニットを外さずに作業するのは難しそうなので、素直に外しましょう。

f:id:greentea-NA:20161108120634p:image

下部のボルト、固いです。

ひたすら固くてもしかして外れないんじゃ…と絶望すら覚えたのですが、持てる力をすべて使ったらなんとか外れました( ̄▽ ̄)

f:id:greentea-NA:20161108121501p:image

ちなみに上部にも10mmのボルトがついていますが、こっちは余裕です。

これでプーリーユニットが外れました。

 

3.ブレースバーを取り付ける

f:id:greentea-NA:20161108121618p:image

両側とも内装やシートベルトが外れたら、ブレースバーを仮合わせしてみます。

ほぼジャストフィットです。

上から平ワッシャーとボルトを差し込み、プーリーユニットを外した穴から平ワッシャー、スプリングワッシャー、滑り止めナットで留めます。

ディープソケットでないと途中で締められなくなる上に、エクステンションは短すぎず長すぎない7.5cm〜10cmくらいを使うといいかと。

ここまでくれば、ひと段落です。

 

4.内装の干渉しているところをカット

f:id:greentea-NA:20161108122209p:image

ブレースバー取付部分が干渉しないように内装を切る必要があります。

アナログ人間のためPCでうまく図を描けなかったので、手描きになりますが、下の図を参考にプラカッターやニッパーでパチパチと切っていきましょう。

f:id:greentea-NA:20161108122417j:image

ここはキャップをすれば隠れちゃうので、少しくらい雑でも大丈夫です。

ただし、ぽこっと出てる小さい半円部分はブレースバーのキャップのツメが入るところになるので、ここだけは緩すぎず狭すぎないように気を遣った方がいいかもしれません。

f:id:greentea-NA:20161108122429j:image

f:id:greentea-NA:20161108122532p:image

ここは躊躇なく根元から切りましょう。

切らないと干渉して内装が割れる可能性も…

f:id:greentea-NA:20161108122440j:image

シートベルトアンカー上部のカバーも、キャップをつけると干渉してしまいます。

ので、切っちゃいます。

 

 

無事に完成しました

f:id:greentea-NA:20161108122924p:image

内装をすべて戻せば完成です(`・ω・´)

 

走った感じですが、リアのバタバタ感が格段に減りました。

フロントタワーバーだけ先につけたせいか、リアの挙動に不安を覚えていたのですが、かなり低減された気がします。

あとはステアリングが重くなりました。

ショップの方に聞いても、ブレースバーの効果は結構あるよと言っていたので、時間をかけてつけた甲斐がありました〜

 

長くなりましたが、DIYの記録でした。

 

ちなみに、NA乗りの方にとっては有名なサイトだと思いますが、”だれもが、しあわせになるロードスター”のこちらを参考に作業しました。

www.geocities.jp

こうやって作業工程が分かりやすく残っているのはありがたいですね。

 

 

*ーーーーーーーーーーーーーーー*

ランキング参加中です。

クリックお願いします(^o^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Twitterフォローしてね(o・ω・o)